Baul Songs Satyananda Dasバウルの歌/ショッタノンド・ダス

from West Bengal,India インド・ベンガル、風の吟遊詩人、バウルの歌

日記。金沢にて、鎌仲ひとみさん(『ミツバチの羽音と地球の回転』の監督)にお会いし、私も国への意見を書いてみた。

鎌仲さんシネモンド

昨日は、『ミツバチの羽音と地球の回転』上映中の、
http://888earth.net/news/
金沢のミニシアター、シネモンドで、監督の鎌仲ひとみさんのティーチインに参加してきました。
http://banbi.haisai.me/888/

この映画、すべての日本人に見て欲しい!一日も早く見て欲しい!
一度見た人でも、何度でも見て欲しい!

「自分たちの未来は自分たちで決める!
 そのためには、他の誰かがやってくれるだろうではなくて、 
 自分が、今この瞬間、何をしたいか、何が出来るのかを考えて、
 実際に具体的に行動してゆくしかない。
 そして、もうやっているひとたちが実際にいるのですよ!」

という、明るい未来へのメッセージが詰まったこの映画。

私は先週、滋賀県の「山水人」ではじめて見ました。
問題意識の高い若者が集結した山水人では、見終わった後、
自然に座談会のようになり、朝方までみんなで話していました。

そして、昨日の金沢での鎌仲ひとみさんのティーチイン。
まさか、こんなに早く鎌仲さんと会えることになろうとは、
山水人で映画を見たときには、まったく予想していませんでした。
ご縁って、不思議!!
映画のパンフレットにサインもしていただき、おいしいと評判の祝島のひじきもGET!!

ひじき

そのあと、金沢見物?!ということで、新天地のお香と石鹸の店、Kappa堂に行ってみると、
なんと!ほどなく鎌仲さんもKappa堂にいらっしゃいました。みんなで記念撮影。

Kappa堂

お隣のオーガニック・レゲエ・カフェGroomでも記念撮影。

Groom 前

そして、みんなで気になる金沢のスリランカ・インド・カレー屋さん、
スパイスボックスに夕飯を食べに行きました。

スパイスボックス

そして再びGroomへ、カフェ・マヤのオーガニック・コーヒーを飲みに行きました。

groom2
Groom1
groom3

たくさんいろんなお話が聞けて、とてもありがたかったです!

やはり、「現地に足を運んで、実際に現地の様子を見て、自分の出来ることをして欲しい。」
とのことでした。

先ずは、この映画をみんなが見ることから、日本の未来が変わります。
本当にそう感じられる明るい映画です。何度でも見たい!!

☆ところで、今日17:00締め切りの国の「原子力政策大綱」見直しの必要性に関するご意見募集、
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/seisaku/bosyu/100727/bosyu100727.htm
私もホームページ入力で意見送りました。

こんな感じで↓書いてみました。

・・・略、

6)現行原子力政策大綱の見直しの必要性について ※必須

必要有り

7)見直しの必要な(または必要で無い)理由(200字以内)※必須

遺伝子を破壊する放射能を生む原子力発電はクリーンエネルギーではない。巨額の血税を使い国民の生存権を害し未来にも不の遺産を残す現行の原子力政策は、即刻見直すべき。日本は国土に豊かな自然エネルギーを有し、それを地域自給型の持続・再生可能なエネルギーとして有効利用するための研究や政策に転換してゆくべき。日本は環境や生物多様性を守るエネルギーの研究や実践に力をいれ、その分野で世界をリードしてゆくべき。

8)ご意見(9))の概要(100字以内)

上関原発建設は即刻中止。もんじゅ永久凍結。プルサーマル計画永久凍結。電力自由化。太陽光など環境や生物多様性に配慮した地域自給型の持続・再生可能なエネルギーへ転換することで資源自給し安全保障を実現する。

9)見直しが必要と回答された場合、見直しのあり方や個別施策への意見(参考となる文献、資料等があればご送付ください。)(200字以内)

上関原発建設は地域住民の生存権、生物多様性保護の観点からも、即刻やめるべき。もんじゅをはじめとする高速増殖炉や、プルサーマル計画もやめるべき。原発を海外(特にアジア)に輸出するな!日本の恥。むしろ本当の意味で持続・再生可能な自然エネルギーへの転換を進めその分野で世界をリードしてゆくことこそが、資源自給の観点からも安全保障につながる。そのためには、まず国民が電力の発電方法を選べるようにするべき。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

  1. 2010/09/21(火) 12:59:37|
  2. Daily

みんなで歌って踊ることが平和への近道。

昨日8月15日、インドの独立記念日(1947年に英国より独立)は、
高尾のTOUMAIという素敵なカフェで、
奈良大介さん主催の「平和を感じる日」というお祭に参加してきました。

あまりにも内容の濃い一日で、
何から書いていいのかわからないけれど、
とにかく、すべてがすばらしかったです!!

Satyananda Das & Hori Dasi、
TAYUTAさんのライブの後、
平和を感じる日7

トミタタカフミさんと奈良大介さんを囲んでのTALK、
(DJはDHARMAさん、)

日本は実は戦後も潜在意識に働きかけて実質植民地支配されてきた話とか(電通戦略十訓)、
エネルギーの問題とか、トランジション・タウンの実践の話とか、
地域のお寺などでの、小さい市を復活させることで、
顔の見える流通と消費が実現すれば(地産地消)、
現在運輸に使われている膨大なエネルギーを減らして、
さらに地域を活性化することにもつながるとか、
「みんなで歌って踊ることが平和への一番の近道」とか、
どれも興味深い話ばかり。

CUBATUNBAさんのライブでは盆踊り状態!ルンバで盆ダンス!
平和を感じる日5

ふたたびトミタタカフミさんを囲んでみんなでTALK、
平和を感じる日2

そして、最後は奈良大介さんのライブで、大盛り上がり!!
平和を感じる日6

みなさん、汗だくになるまで踊っていました!


参加者全員が、みんなきらきら輝いていて、
「すべてのひとがクリエーターとして、ひかり輝いて生きられる状態こそが、平和である!」
と実感する一日でした。

私たちのバウルのうたの活動も、
ショナルマヌーシュ(ひかり輝く人)と呼ばれるチャイタニアが、500年以上も前に始めた、
「すべての人の中に分け隔てなく宿る神様を感じて、感謝と愛と喜びを歌い踊りながら、
大いなる世界の根源の力を讃えよう。」
というメッセージや、
「宗教の違いというのは、言葉や地域や呼び名が違うだけで、実は中身は同じなのですよ!」
とうたったラロン・フォキールの詩など、
「どうすればすべての人間が、平和で自由に、一人一人がひかり輝いて生きることが出来るのか?」
というテーマについて、多くの偉大な先人たちが遺したメッセージを、
伝えるものなのだと、あらためて自覚しました。

そして、お庭に出てみると、ライブペインティングのカネコミホ&ちぇち"ょんみさんが、
なんとこんな絵を!!
平和を感じる日1

完成!
平和を感じる日3

打ち上げの後の記念撮影。
平和を感じる日4

主催の奈良大介さんをはじめ、
つないでくださったトミタタカフミさん、
そして、すべての出演者と参加者の皆様、
会場のTOUMAIの方、
本当にありがとうございました!

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/16(月) 22:39:20|
  2. Daily

六本木ヒルズアリーナ/アジアンフェスタ

r1
r2

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/17(日) 12:53:38|
  2. Daily

広島県、三次、庄原、西条のツアー報告日記

ご神木
土曜に広島に来て、今日はもう4日目です。

さいこうじにわ
さいこうじ水
さいこうじ1

27日日曜日は、三次西光寺バウルライブでした。

さいこうじ2
とうもろこし

西光寺には昼間について、夕方までゆっくりしていました。
西光寺のお庭は、去年来たときよりも、ずいぶん手入れが進んでいて、
とくに竹で作った獅子脅しの仕掛けには、
しょったさんも感心していました。
「わすれそうになったときに、ちゃんと引き戻してくれるんだね!」

おーぶ

この写真にも、屋根の上に小さい聖霊さまが写っているように見えますが、

夜のバウル・コンサートでは
「こだまちゃん」こと、聖霊さま(オーブ)も、
来てくださいました。

やはり、ミロンの前に

♪ だだ、ふた滴の涙を落としてください、私の遺したものの上に

の曲を歌ったときに、しょったさんの左上あたりに、
今まで写ったこともないような、巨大な白い帯のようなものが写っていました。
その写真は、西光寺の和尚さんのカメラに鮮明に写ったので、
入手し次第、UPします。

肉眼でも、何かが揺れているように見えたという方もいました。

西光寺りょうり

コンサートの後は、れいちゃんの作ってくださった
マクロビオティックの野菜料理をのこられた皆さんでいただきました。

taki.jpg

昨日は、午後から作木の滝を見に行き、

kurikuri.jpg
プリン

そのあと庄原のカレーやさん、くりくりにお邪魔しました。
食べているのは、くりくり特製、大人の味!カラメル・プリン。

去年くりくりに来たときに、
インドの薬用の木と似ている葉を見つけて、
薬としての用い方を伝授していった、しょったさん、
くりくりのお二人は、即座に実行されて、
予想以上の効果が見られたとのことで、
再度、その木を見に行きました。

seiyouninnjinnboku2.jpg
seiyouninnjinnboku hana
seiyouninnjinnboku1.jpg

この木は「西洋人参木」という名前の木です。

口内炎になったとき、生の葉っぱを噛むと治ります。
また、葉を油で熱してエキスを抽出したオイルは、
虫さされや、かぶれ、アレルギー、関節炎などにも効くそうです。

また、ウイルスに効くといわれ、アメリカのNASAでも植えられているという、
「エキナセヤ(バレン菊)」という花の種ももらいました。

くりくりには、他にもたくさんのハーブが植えられていて、
ミントの根っこもいただきました。
インドに持って帰って植えるそうです。

korianda-2.jpg
minto.jpg
remonngurasu.jpg
remon babena

それから、西条の異文化交流ハウスにやってきました。
三次から庄原まわりで東広島市、西条は、車で3時間ぐらいかかり、
あまりの遠さにしょったさんも驚いていました。

キッズカフェ

今日は、朝から異文化交流ハウスのキッズカフェで、
バウルコンサートでした。
小さい子もみんな手拍子をして、一緒に踊ってくれました。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/29(火) 22:22:13|
  2. Daily

ツアー1日目、神戸元町CHOUTARAでバウルライブ

ちょうたら
もう日付が変わったので、おとといになりますが、
今年の日本ツアーの最初のバウルライブは神戸元町のちょうたらでした。

いやあ、楽しかったですよ!ほんと。
最初、久しぶりでちょっと、緊張しましたが、
ネパール人の野菜カレー屋さんの、
カレー休憩のあとからは、さらにリラックして、
踊りながらたくさんの曲を歌っていました。

特に会場が、旅でみつけた雑貨とチャイのおみせやさんなだけに、
インドの神様のポストカードとか、
大好きなガムチャ(インドのカラフルな手ぬぐい)とかが、
目と手の届くところにあり、演奏前や休憩で北インドのチャイも
いただいたりして、更に気分を盛り上げていただきました。

私はツアーの準備で、出発前の数日はまともに眠れないし、
食べられないという日々が続いて、
体調もかなり良くなかったのですが、

バウルの歌の後は、まるでつきものが落ちたかのように、
すっきり楽になってしまうのは、いつものことながら、驚きです。

今回、コンサート当日に初めてお会いしたにも関わらず、
何から何までお世話になった、
CHOUTARAのりゅうさいさんと、奥様にはホント感謝です。

あと、コンサートの前日まで知らなかったんですけど、
25日、大阪はなんと天神祭だったのですね。
天神祭に行かずにバウルコンサートに駆けつけてくださったみなさまにも、
本当に感謝です。m(_ _)m

りゅうさいさんは、インドのサドゥーババも顔負けの、
立派な、じょた(ドレッド・へアー)を持つ青年で、
「インドに行ったら、みんな足にひれ伏すよ。」とか、
「電車に乗ってもサドゥーだと思われるから、チケットはいらないよ」とか、
しょったさんも話していました。
ひんほい
それから、昨日はヒンホイというCHOUTARA近くのカレー屋さんに、
ルティーと豆とジャガイモのカレーとチャイかコーヒー付きで、
390円という、モーニングをみんなで食べに行きました。
ヒンホイ
ここもとても雰囲気のよいお店で、しょったさんもすっかり気に入り、
「ボクもココでこの店を手伝うよ。」とか言い出しました。
ひんほい2
開店7ヶ月で、インド人第一号の客がしょったさんだったそうで、
ちゃんと記念撮影もしました。
たぶら
それからCHOUTARAで、タブラを叩いたり、記念撮影をしたり、
インドの神様ポストカードを購入したりしたあと、チョウタラを後にし、
りゅうさいさんに元町駅の改札まで送っていただき、駅のスタンプも収集、
再会を誓いながら、「アバール・デカホベ!」

元町からまた電車に乗って、三次に来ました。
電車の中では、「今日は倉敷に行ってきて、これから尾道の花火大会を見に行く」という、
デンマーク人の学生カップルにも出会いました。

昨日の三次はきんさいまつりで、
さっそく、きんさいまつりのうちわももらいました。
去年もお世話になった、ココペリ(石井さん)のピザも、
着いた頃にはめでたく完売。
石井さんにいただいた、すももとトマトも美味しかった。
いつものことながら、しょったさんは、
「種は捨てるな」といって、すもものたねを大事にもらってきていました。
インドで実を付けるかな?

今日は、夕方18:00から、三次市の西光寺でバウルライブです。
きょうも、聖霊さまたちは、
応援に駆けつけてくださるでしょうか?
とても楽しみです。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/27(日) 03:54:57|
  2. Daily

プロフィール

satyahori

Author:satyahori
Satyananda Das & Hori Dasi
We usually live in India and playing the traditional music of Bengal, Baul Song.
We travel all over the world if someone call us. satyahori@gmail.com

ショッタノンド・ダスとホリ・ダシです。ふだんはインドで暮らしていて、ベンガル地方の伝統音楽「バウルのうた」の音楽活動をしています。呼んで頂ければ世界中どこでも参ります。 satyahori@gmail.com

最新記事

カテゴリ

Profile (2)
Profile (Japanese) (1)
CD (1)
Facebook (1)
MySpace (1)
Twitter (1)
Daily (5)
photos (17)
our guru (1)
yamauto (1)
video (1)
Baul songs translated in Japanese (2)
News (8)
未分類 (25)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

View