Baul Songs Satyananda Dasバウルの歌/ショッタノンド・ダス

from West Bengal,India インド・ベンガル、風の吟遊詩人、バウルの歌

7月25日(火)Baul concert & Bengali dinner 風狂のうたびとバウルとベンガル料理@東京、町屋、ベンガル料理プージャー

satyananda at tokurinji
Photo by Atsushi Takeuchi.

7月25日(火)18:30開場19:00開演、
会場:東京、町屋、ベンガル料理プージャー
「Satyananda Das Baul concert&Bengali dinner~風狂のうたびとバウルとベンガル料理」
https://www.facebook.com/events/249966082165900/
(以下、イベントページより転載。)

25 July at 19:00–23:00

ベンガル料理プージャー/Puja-Bengali restaurant
町屋3-2-1 ライオンズプラザ町屋B1(Machiya3-2-1 Lion's Plaza B1, Arakawa-ku, Tokyo, Japan)
地図MAP
世界無形文化遺産でもあるインドベンガル地方に伝わる神秘主義的吟遊詩人バウルの演奏会を開きます。唄っていただくショッタノンドさんは、幼少時より師(グル)のもとで修行されてきた本物のバウルです。聞く人の魂に響く力強い歌声とたしかな技術。ぜひこの機会に体感してください。なお、演奏の後にはベンガル料理をお楽しみください。

開演 : 19:00~
食事 : 21:00~

料金:¥3500(ベンガル料理代金込み、予約制)
予約先:03-3800-1636 ベンガル料理プージャー

Satyananda Das is a Baul (Bengali: বাউল) singer, musician, dancer and
composer from West Bengal, India. He is known for his rich repertoire
of old baul songs, tradition-based improvisation, and dynamic-delicate
dance. He has captivated audiences by his wide range voice, dulcet
tunes and dynamic dance, and has caused ripples in the world of
imaginative music.

Start : 7:00pm~
Dinner (Thali) : 9:00pm~

Fee:3500yen (reservation required)
phone 03-3800-1636 Puja restaurant

ーーーーーーーーーーーーー

料金3,500円は食事代込みの料金です。

Dinner Set Menu 予定されているメニュー

Rice/Bhaat/ライス
Katla Fish croquette/katla machher chop
/フィッシュコロッケ
Lentil soup/Narkel diye Muger Dal
/豆スープ
Vegetable/Sobji
/野菜料理
Bengali Chicken curry/Kasha Murgi
/チキンカレー
Sweet Yogurt/Mishti Doi
/ヨーグルト
ーーーーーーーー
とのことです。

※前回の5月24日(木)はベジタリアンメニューでしたが満員御礼でキャンセル待ちが出たので、今回もお早目のご予約をお勧めします。ベジタリアン料理をご希望の方は電話での予約時にお伝えいただければ、ベジタリアン用のベンガル料理を用意していただけます。お楽しみに!!

  1. 2017/07/24(月) 12:16:26|
  2. News
  3. | トラックバック:0

「たましいの詩声」ショッタノンド・ダス・バウル日本ツアー2017夏 スケジュール

☆インド・ベンガル・風の吟遊詩人・バウルの詩☆
🌟バウルの詩の演奏会の主催者など大募集中!🌟

7月7日から再び来日しています。

ーー現在決まっている公演予定ーー

7月23日(日)東京、江戸川印度文化センター(レカ葛西)
http://satyanandadas.blog50.fc2.com/blog-entry-87.html
https://www.facebook.com/events/1427258150690990/

7月25日(火)東京、町屋、ベンガル料理プージャー
http://satyanandadas.blog50.fc2.com/blog-entry-88.html
https://www.facebook.com/events/249966082165900/

ーーー以下、終了分。-----
7月14日(金)名古屋、トライバルアーツ
ーーー

7月23日(日)と25日(火)以外の日程はまだ予定が空いていますので、バウル演奏会を主催してくださる方、イベントでの出演のお誘いなど募集しています。日程と採算があえば日本全国どこでも参ります。いろんなおさそい、ご質問など、なんでもコメント・メッセージなどでお気軽にお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします!
※2018年のお誘いも募集しています。

(追加情報:現在ショッタノンドは絵の制作に没頭しておりまして、演奏会会場で絵の展示も出来るかもしれません。)

みなさまからのメッセージを心からお待ちしております。
みなさまに会えるのを、とてもとても楽しみにしています!!

連絡先:Satyananda Das Baul & Hori Dasi
satyahori@gmail.com
日本の携帯番号:080-7014-7813

ショッタノンド・ダス・バウル&ホリ・ダシ
http://satyanandadasbaul.com/
http://satyanandadas.blog50.fc2.com/

satyananda das baul in tokyo 2017
Photo by Mukose Toshiharu on 4th June 2017 in Tokyo.
  1. 2017/07/20(木) 14:18:26|
  2. News
  3. | トラックバック:0

7月23日(日)Satyananda Das Baul concert@江戸川印度文化センター(レカ葛西2F)

satyananda at reka
(5月のTM Hoffmanさんとの公演での写真)

7月の東京公演、一日目は7月23日(日)17:00開場18:00開演、
会場は、東京メトロ東西線、葛西駅より徒歩5分の江戸川印度文化センター(レカ葛西2F)です。
地図MAP

今回は、ショッタノンドが描いた絵の展示も予定しています(なんと、ただいま製作中)。

ご予約は下のリンクのFacebookのイベントページの参加ボタンを押していただくか、
メールとお電話でも受け付けています。

予約、お問合せ先:
rekacorp@gmail.com(レカ葛西)
または、
satyahori@gmail.com
080-7014-7813(ホリダシ)

(以下、Facebookのイベントページより転載。)
https://www.facebook.com/events/1427258150690990/

Date & Time: 23th July, 2017, Sunday at 18:00–20:00

@江戸川印度文化センター(カフェと印度家庭料理レカ2階 Cafe & Indian Home Food Reka 2F)
東京都江戸川区東葛西6ー23ー11, Edogawa-ku, Tokyo, Japan 1340084

世界各地に公演を行うショッタノンド・ダス・バウルが豪華な伝統音楽でみんなを魅了します。バウル、エクタラ、ドタラ、ドゥッギ、グングルー、カルタル、カマクなど様々な楽器を演奏しながら、バウル・タゴール音楽を歌いながら、華麗な舞も見せます。

17時に開場します。ショットャナンド・ジーの絵を見て、お話をすることも出来ます。

Satyanand Das Baul, who performs all over the world, will play multiple instruments like ektara, dotara, duggi, ghunghroo, kartal, kamak while singing Baul and Tagore Music and moving the feet beautifully. This is one not to miss.

Doors will open from 17:00. You can enjoy drawings by Satyananda ji and can also talk to him.

入場料:予約2000円、当日2500円、10才~20才の学生1000円。
20時からのレカママのインド料理ビュッフェは別途1500円。

Concert Fees:Advance 2000 yen, same day 2500 yen, students aged 10 to 20 will be 1000 yen.
Buffet of Indian Dinner after concert, from 20:00 for 1500 yen.

※日曜日なので開始時間を1時間早め、演奏は18時~20時で、その後、ビュッフェ式食事会(別途1500円)になります。
Since its Sunday, we changed the start time from 19:00 → 18:00. Performance will end at 20:00. And thereafter we will have buffet dinner for 1500 yen.

※ショットャナンド・ジーの描いた絵も展示しますので、17時に開場します。ショットャナンド・ジーとお話も出来ます。
This time we will display drawings by Satyanand ji. Hence the doors will open from 17:00 hours.
You will get a chance to speak to Satyanand ji.

satyananda at tokurinji
Satyananda at Tokurinji Temple
  1. 2017/07/20(木) 00:38:25|
  2. News
  3. | トラックバック:0

ショッタノンド・ダス・バウル & ホリ・ダシ プロフィール

Satyananda Das Baul ektara


☆Satyananda Das Baul(ショッタノンド・ダス・バウル):
satyanandadasbaul.com
歌、踊り、ektara(エクタラ)、duggi(ドゥギ)、 ghungur(グングル)、
anandalahari(アノンドロホリ)、dotara(ドータラ)、khonjori(コンジョリ) 。

インド西ベンガル州バンクラ県出身。
ユネスコの「人類の口承および無形遺産の傑作」にも宣言された、
ベンガル地方の伝統音楽「バウルの詩」、のうたい手。

幼い頃よりサドゥー(修行者)の道に入り、
アシュラムでの厳しい修行を積みながら育つ。

Sri Bhuban Mohan Das(ブボン・モホン・ダス氏)、
Sri Krishnanada Gowami(クリシュナノンド・ゴスワミ氏)、
Maa Radharani Goswami(ラダラニ・ゴスワミ・マー)、
Sri Haripada Goswami(ホリポド・ゴスワミ氏)
に生涯を通じて師事し培ったバウルの音楽を供に、
インド全域のみならず、世界の聖地を巡礼する。

多数の偉大な先人の詩や、自作の詩を、
伝統に基づく多彩な独自のメロディーでうたい発表するなど、
作曲家としても定評がある。

神秘的で深淵なバウルの哲学の持つ豊かな精神世界を表現する、
そのメロディアスで広い音域を持つ歌声は、「魂の詩声」とも評され、
ダイナミックでかつ繊細な踊りとともに多くの人々を魅了し、
インド国内のみならず海外にも根強いファンを持つ。

1997、1999年、WOMAD Festival(英国)、
2003年、Festival of Sacred Music-聖なる音楽祭-(ドイツ、ベルリン)、
2007、2008年、Mime Festival(韓国、春川)、
2007年、Baul from Bengal 2007(日本)、
2008年、アジアン・フェスタ(六本木ヒルズアリーナ)
2009年、奄美皆既日食音楽祭 ECLIPSE 2009/Total soler eclipse music festival in Amami、
はこだて国際民俗芸術祭 Would Music and Dance Festival in Hakodate、ひかり祭り、
2010年、Sydney Writers Festival, Nine Lives Concert at Sydney Opera House(オーストラリア、シドニー)、
獏原人村満月祭、山水人、Oguni Connect、みどり祭り、青空キャンプ 、
2016年、ラビンドラナート・タゴール来日100年記念祭(横浜)、インディア・メーラ(神戸)、
2017年、ASIA TOPA(オーストラリア・メルボルン)など、海外公演歴も多数。
2014、2015、2016年には、ヨーロッパ・ツアーで、フランス、スイス、イタリア、スロベニアにも訪れ公演している。

2008年にはアリオン音楽財団の飯田一夫氏と、和光大学の村山和之先生の協力で、パキスタンのドーリー楽団、「ファイブスター・ミュージック・グループ」と、主に「六本木ヒルズアリーナ・アジアン・フェスタ」などで共演し、また、よろずエキゾ風物ライター・サラーム海上氏と、村山和之先生をナビゲーターに擁した、東中野ろまらくだでの共演ライブは、旅するプロデューサーこと久保田麻琴氏によりライブ録音され、そのライブ音源は、NHK FMでもオンエアされるなど、話題を呼んだ。

また、日本のインディーズレコード、”キコリレコーズ”、今井隆氏録音、プロデュースによるCDおよびカセットテープ、
『Satyananda Das in Tokyo(2004)』、
『Satyananda Das Baul sings Bhaba Pagla(2009)』、
『Satyananda Das Baul sings Lalon(2010)』
などがリリースされている。
http://www.kikorirecords.com/contemporary-baul-series-cd/

☆Hori Dasi (ホリ・ダシ): Korotal(コロタール)、etc.
福井県出身。2003年1月より渡印。
バウルの音楽とその哲学に魅せられて、そのままインドに在住。
2004年にショッタノンド・ダスと結婚し、インド西ベンガル州バンクラ県にあるノバーション・アシュラムにて、ホリポド・ゴスワミ氏に師事。

♪音楽的には歌中心ですが、
エクタラ(一弦琴)、ドゥギ(小さな太鼓)、グングル(足につける鈴)、
コロタール(小さいシンバル)、
アノンドロホリ(小型の太鼓に弦を貼りはじくバウル特有の楽器)、
ドータラ(4~5弦の小型の三味線系弦楽器)、
コンジョリ(タンバリンのような太鼓)、
などの演奏と、踊りもあります。

●バウルとは・・・
現在のインド東部とバングラデシュ地方にまたがるベンガル地方には、仏教、ヒンドゥ教、イスラム教の影響を受けつつも、それらには属さず、町や村を転々として、うたい、踊ることを修行とする人たちがいます。彼らが大事にするのは、まるで恋人を愛するかのように愛する「心の人(神)」が宿る場所としての人体。
バウルは音楽や詩だけでなく、こうした既成の習慣からの脱却という点においても賞賛を受けています。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2017/06/13(火) 02:09:17|
  2. Profile (Japanese)
  3. | トラックバック:0

橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ZERO 2017 出演決定!!

5月26,27,28日に豊田で開催される「橋の下世界音楽祭」に初出演が決定しました!

詳細はこちら↓の「橋の下世界音楽祭」のオフィシャルウェブサイトをご覧ください。
http://soulbeatasia.com/2017/

とてもとても楽しみです!!

JoyGuru
  1. 2017/04/30(日) 17:13:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

CD、『ショッタノド・ダス・バウル、ボバ・パグラを歌う2008』、日本語訳詩

CDはこちらのサイト↓からお求めいただけます。
http://www.kikorirecords.com/contemporary-baul-series-cd/

ショッタノンド・ダスバウル、ボバ・パグラを歌う 2008』

1. あなたの御足にわたしを置いてください

2. ゴウルとニッタノンドの情趣(ラーサ)に

3. わたしの声で歌をうたわせてください

4. わたしの心の中で踊るまわるお母さん

5. お寺で、お寺で、目覚めてください神々よ

6. このカーリー女神の愛の青い大海に

7. すべてはあなたの遊戯です、お母さん

8. 外見を洗った水を誰も飲むな

9. 話すことを学びなさい、真実の話を

10. ああ、心よ、ヴァーブ(本質)の部屋で盗みをしてはいけない

---------------------------

1. Tomari chorone rakhio amare

あなたの御足にわたしを置いてください
忘れないで!忘れないで!忘れないで!神様
すべての罪を許してください
すべてのわたしの悪徳を鎮めてください

存在するものはすべてあなたのもの
なぜ、もったいぶって騙すのですか?痛みの主よ
一日の終わりに、あなたのところに参ります
ダルシャン(謁見)の機会を、どうか奪わないでください

あなたはわたしの人生の伴侶
わたしは誰?あなたは誰?教えてくださいシュリーホリ(神様)よ
ボバは言う、あなたの姿はやがてすべて形のないものになる
自分を忘れて、ああ、臆病に弱々しく光る

2. Gour Nittanondo rose -Lyrics by Matan Chand

ゴウルとニッタノンドの情趣(ラーサ)に
なぜ浸らないのか、心よ、素直になって
あなたの素晴らしい人生は、不注意に過ぎ去る

世俗の欲に夢中になって
どんな修行ができるというのか?
ゆっくりと老いて萎び、脆弱になってしまった
それから修行が出来るのか?最後に

ニッタノンドの恒常的な愛で
悲しみはない、その聖地に
日々新しいオヌラーグ(無条件の愛)と
ラダーの名前で
波動を遊んでいます、愛の風とともに

愛の主、世界の第一人者(グル)
知ることが出来なかったね、心よ、シュメール山を
マタンチャンドは、始めに言った
溺れているぞ、世俗の欲に

3. Amar konthe gahite dio gan

わたしの声で歌をうたわせてください
痛みの炎で身を焼く
その日にわたしの終わりがくる
わたしの声で歌をうたわせてください

甘美な歌詩であなたの歌を
謳えますように、これが最後のお願い
瞳に写してください、あなたのお姿を
希望の灯明をわたしに授けてください

わたし一人だけのものではありません
知っています、お母さん
あなたは世界の生みの母、世界を養う女神
それでも、ああ、あなたはお母さん
ボバのボバニ(母神)さま
あなたにすべて捧げています
この身体と命を

4. Amar hridoyei neche berai Ma

わたしの心の中で踊るまわるお母さん
踊る、タタ、テヤテヤ
お母さんは、笑ったり、踊ったり
手拍子を打ちながら

あれを見なさい、その方の御足の下に
太陽、月の色で遊ぶ
その姿を見せて狂わせる
わたしの心を魅了なさいました

狂ったボバの狂った心
あなたの御足にわたしの心を置いて!お母さん、
どうか見て!お母さん、わたしが何をしているか
この世の大海に浮かばせて

5. Mondire mondire jago debota

お寺で、お寺で、目覚めてください神々よ
この暗黒の時代に、ああ、最も清浄な神様
尊厳を守るべきです
どうぞこの願いを聞いてください

無限の原始の時代から、
スドルション(武器)の持ち主(ナラヤン)
パルトサロティ神(クリシュナ)、ヴァイクントの住人(ヴィシュヌ神)
人間界に降臨してください!
天界に留まらないで!
孔雀の羽を身に着けた
落ち着きのない方(クリシュナ)
マハーバーラタ、バガバットギータの語り手

はるか時代を超えて存在する、聴覚の主
来て姿を見せてください、神様
神のリーラ(遊戯)による生まれかわり
寿命の短い一切衆生は、長期の無覚醒
ボバは言う、来てください、平和の主よ

6. Ei kali prem shindhu neeley

このカーリー神の愛の青い大海に浸りなさい
ああ心よ、浸っていなさい
深い水の底に潜り込んで、ただお母さんを呼びなさい

冷たくなる、苦悩で
見なさい心よ、飛び込んで
宝や真珠を探しなさい
その飾りで体を覆いなさい

そこには痛みの苦悩はない
歓喜に満ちた大祭
心よ、たくさんのゲームで遊んだが
意味のない安易な救済ばかり

嵐に何も恐れはない
その愛の大海に浸っていよう
ボバパグラは呼んで言う
お母さん、わたし浸らせておいてください

7. Tomaroi shob khela Ma

すべてはあなたの遊戯です、お母さん
わたしはわからない、考えすぎて死にそうです
不可思議に満ちた、あなたのリーラ(神の遊戯)
すべてはあなたの遊戯です、お母さん

あなたが誰かに何かをさせるように
そんなふうに歩まなければならない
わたしは探しても見つけられない、考えて考えて、
世界の市場に、世界の祭り

何時になったらあなたに逢える?
彷徨っています、その希望のために
お母さん、歩いても歩いても道は終わらない
終わりに近づく、わたしの人生の

ボバパグラは笑い、泣く
怖いもの知らずの御足に意識をおいて
幻想の罠に捨てないで!
世俗の煩わしさを与えないで!お母さん

8. Rup dhuye ke o jol kheo na

誰も、外見を洗った水を飲むな
質を大事にすべきです
腐った体は腐っていく、その間だけこの世に居る

突然、欲望に駆られて
夢中になるな、すべてを忘れて、そんな土地で
終わりにしかし、道を失う

ああ心よ、よく分かってから決めよう、すべてのことを、
そうじゃないと、後で騙される
マンゴーやカタール(ジャックフルーツ)ではない、木のライチ
甘いやすっぱいではない、摘んで食べる

欲望に駆られて、たくさんの人々が
贋物をつかむが、誰が金を得られるか?
ボバパグラは知っている
グルのところで真我は得られる

9. Koite shikho shotto kotha

話すことを学びなさい、真実の話を
それでもしあなたが死ぬことになっても
不死の花に結び付けられる

真実の勝利は永遠
嵐でその帆が壊れることはない
不死になって生き続ける
彼らの人生は無駄にならない

ああ心よ
嘘を言い続けて
世界はもはや満杯になってしまった
自分の心に聞いてみなさい
秘密にどれほど痛みを得るか

真実、偽りは、あの方(神)の創造物
もしちゃんと分かるように理解するなら
胸を張って堂々と行きなさい
ボバは言う、ここにどんな恐れがあるというのか

10. Ore mon, bhaber ghore chori korle cholbe na

ああ、心よ、本質の部屋で盗みをしてはいけない
見せかけや不要な心配、これは修行ではない

心を混じりけのない金にしなさい
その方(クリシュナ)の話は、その方に聞かせなさい
もう行ったり来たりするな
ぼんやりするな

外で見せびらかしと知ったかぶり
これはどんな店の人?
あの騙し騙されに、惑わされない
閉じていなさい、口を

泥棒の王様、クリシュナ・チャンド
その大臣は天国のインド
ボバ・パグラは永遠のボベンドロ
クリシュナ・チャンドに逢えなかった

-----------------------------------
日本語訳 : ホリダシ
Translated in Japanese by Hori Dasi
  1. 2016/09/03(土) 12:16:45|
  2. Baul songs translated in Japanese
  3. | トラックバック:0

Biography of Satyananda Das Baul

baul  Satyananda Das
Baul Artist : Satyananda Das Baul / photograph by Koji kubota

☆Satyananda Das Baul & Hori Dasi ( Radharani sampraday, Group Anandalahari )

Satyananda Das Baul is a Baul (Bengali: বাউল) singer and composer from West Bengal, India. He is known for his rich repertory of old baul songs, and good at the tradition based improvisation. He has put melodies to Bhaba Pagla's lyrics a lot. Those songs have been loved and sung by many other singers also. He has captivated audiences by his wide range voice, dulcet tunes and dynamic dance, and has caused ripples in the world of imaginative music.

He plays baul instruments -Duggie, Ektara and Ghungur mainly with his singing and dancing. He plays Anandalahari, Khonjori, Dotara, Shri khol, and Korotal also.

His initiator guru (dikshya guru) had been Sri Bhagaban Das and his spiritual teacher (sikshya guru, sannyas guru) had been Sri Krishnananda Goswami. Right from childhood, he had taken up the path of austere endeavor. He had many gurus of music also. His primary guru of BAUL music had been Sri Bhuban mohan Das. He had groomed up by foster mother Radharani Goswami.

Satyananda Das Baul & Hori Dasi(his partner, plays korotal) have been absorbed in searching for the universal soul (paramatma). Their "Chaitania mantra" guru is Sri Haripada Goswami, who is a centenarian mentor and a perfect preceptor towards the "sadhana".

The colorful cultural heritage of these immortal Bengali BAUL songs date back thousands of years into history. The singular objective of such arduous endeavor is to realize one's own self, (through the preaching of a perfect guru), to visualize the human body as a sacred shrine. It is only then that knowledge of the universe infiltrates into the heart.

Satyananda had traveled across the length and breadth of India and abroad with his music. He performed before thousands of audiences in England (WOMAD Festival) and other European countries (Switzerland, Holland, France, etc.) with the fabulous world-renowned baul singer Paban Das Baul in 1997, 1999. In Germany (Festival of Sacred Music) he won the hearts of audiences on his visit there in 2003. Satyananda & Hori performed in Japan in 2004, 2007 (Baul Songs from Bengal), 2008 (Asian Festa in Tokyo, Namaste India in Tokyo), 2009 (World Music and Dance Festival in Hakodate, ECLIPSE 2009/Total solar eclipse music festival in Amami, Gifu Sangeet Mela, Diwali in Yokohama), 2010 (Asian Puja in Osaka, Namaste India in Nagoya, Oguni Connnect Fes, Bakugenjinmura Full Moon Festival), in South Korea in 2007, 2008 (Mime Festival, India Festival at Gwangju Indian Musiam), in India in 2006, 2008, 2009 (Nikhil Bharat Banga Sahitya Sammelan), 2012, 2013, 2014, 2015(Sangeet Mela in Kolkata). In 2010, they went to Australia and participated in Sydney Writers Festival, Nine Lives Concert at Sydney Opera House with Paban Das Baul. He has awarded 'Lalon Samman' at All Bangla Lalon Mela 2014. Satyananda did the Europe tour in 2014. Satyananda has mesmerized the world audience with his deep melodious voice and kept the rich tradition of Bengali baul music alive.

--------------------------------------------------------------------------------------------
Contact address:
E-mail: satyahori@gmail.com
Tel: +91-8016763665
Web site: http://satyanandabaul.blogspot.in/

hutari

Satyananda Das / photo by Ashok Mitra
mangetsusai 2010 satohideaki

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/05(日) 00:00:00|
  2. Profile

Baul CD 『 SATYANANDA DAS sings BHOBA PAGLA 』(kikorirecords)

contempolary baul series vol.1
SATYANANDA DAS sings BHOBA PAGLA
ショッタノンド・ダス、ボバ・パグラを唄う

CD Satyananda Das sings Bhaba Pagla

*限定紙ジャケット仕様

All songs lyrics by BHOBA PAGLA(exept Track 2 )
All songs music & singing & play all instruments by SATYANANDA DAS

収録曲
1. Tomaroi chorone, rakhio amare, bhuliona, bhuliona, bhuliona, probhu
2. Gour Nittanondo rose, keno, dubulina mon, shorol hoe
3. Amar konthe gahite dio gan, amar konthe gahite dio gan
4. Amar hridkomole neche berai ma, nache, ta ta, thiya thiya
5. mondire mondire jago debota
6. ei kali prem shindhu nire dubia jak, o mon, dubia thak
7. Tomaroi shop khela, ma, tomoroi shop khela
8. Rup due keu jol kheo na, guner ador korte hobe
9. koite shikho shotto kotha, ete jodi hoy tor moron, omor phule roibi gatha
10. Ore mon, bhaber ghore churi korle cholbe na

インド・ベンガル地方バウルの至宝、
ショッタナンダ・ダス、初のソロ・プレスCD。
2008年東京録音。

定価: 2,100円 送料無料 (日本国内)

こちらのサイト↓からお求めいただけます。
http://www.kikorirecords.com/contemporary-baul-series-cd/

comtemporary baul series
シャプラニール理事の理事でデザイナーの福沢郁文氏のデザイン寄贈による、コンテンポラリー・バウル・シリーズのロゴ

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2016/04/15(金) 10:00:00|
  2. CD

photos of Baul concert with Ayako Ikeda, 31st Jan 2014.

with Ayako Ikeda

With Ayako Ikeda 2

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/01(土) 20:39:02|
  2. photos
  3. | トラックバック:0

Photo of our gurus, Nirmala & Haripada Goswami in Paris 1993

Nirmala & Haripada Goswami in Paris 1993
Nirmala & Haripada Goswami in Paris 1993

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/25(金) 01:35:29|
  2. our guru
次のページ

プロフィール

satyahori

Author:satyahori
Satyananda Das & Hori Dasi
We usually live in India and playing the traditional music of Bengal, Baul Song.
We travel all over the world if someone call us. satyahori@gmail.com

ショッタノンド・ダスとホリ・ダシです。ふだんはインドで暮らしていて、ベンガル地方の伝統音楽「バウルのうた」の音楽活動をしています。呼んで頂ければ世界中どこでも参ります。 satyahori@gmail.com

最新記事

カテゴリ

Profile (2)
Profile (Japanese) (1)
CD (1)
Facebook (1)
MySpace (1)
Twitter (1)
Daily (5)
photos (17)
our guru (1)
yamauto (1)
video (1)
Baul songs translated in Japanese (2)
News (8)
未分類 (25)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

View